キャットフード猫の病気猫の習性

猫の飼い方〜しつけと育て方〜

猫画像 猫画像

猫の飼い方 > 子猫の飼い方 > 

 離乳食と子猫の餌

 猫の飼い方−目次−

 猫を飼う前の準備  猫はどこで飼う?  揃えておきたい用具  あると嬉しい用具  心の準備と費用  猫が飼えなくなるケース
 子猫の飼い方  母猫と引き離す時  赤ちゃん猫の保育  離乳食と子猫の餌  トイレのしつけ  動物病院で初検診
 避妊と去勢  避妊と去勢の必要性  手術の時期と費用  避妊と去勢後の変化
 トイレと排泄  トイレの作り方  トイレの清掃と管理  トイレのしつけ  そそうの原因と対策
 猫の病気  猫の白血病  猫の糖尿病  猫のエイズ  猫の腎不全  その他の病気  猫の健康チェック
 猫の餌  どのぐらい餌をやるの?  どんな餌をやるの?  他の食べ物は?  特殊な猫の餌  その他の注意点
 リンク  猫の情報サイト  ペットの情報サイト  動物病院、ペットショップ  厳選!情報サイト  本 書籍

解説 離乳食と子猫の餌

生後3〜4週間を過ぎると、子猫は色々な食べ物に興味を示し始めます。しかし、まだ歯がしっかりと生えていませんので、硬い食べ物(ドライフード)は食べることが出来ません。しばらくは、猫用の離乳食を与えるようにします。

7週間を過ぎたあたりから、離乳食を子猫用のドライフードに移行していきます。ドライフードになかなか食いつかない時は離乳食とドライフードを混ぜて与えるようにしてください。徐々に離乳食の量を減らしドライフードに移行します。

通常餌の量は、「猫の体重」×「80kcal」が目安ですが、発育期の子猫はさらに沢山のカロリーが必要です。子猫用の高カロリーフードがありますので、「猫の体重」×「100〜200kcal」の量を一日3回程度に別けて与えるようにしてください。
(※猫の餌の量参照)

その後、生後1年までは、子猫用の高カロリーフードを与えるようにしてください。
(※生後1年までの子猫の餌参照)




子猫の育て方 母猫と引き離す時 ・・・母猫と引き離すタイミングと、注意点

子猫の育て方 赤ちゃん猫の保育 ・・・母猫がいない場合の赤ちゃん猫の保育

子猫の育て方 離乳食と子猫の餌 ・・・離乳期から製猫になるまでの猫の餌

子猫の育て方 トイレのしつけ ・・・トイレの設置としつけの方法

子猫の育て方 動物病院で初検診 ・・・動物病院へ連れて行く時期と知識


離乳食と子猫の餌 このページのTOP

猫の飼い方 その他の病気

猫の飼い方 ホーム

スポンサーリンク


猫の飼い方トップサイトについて運営者情報商品の販売提供についてリンクについて

© best-link. All Rights Reserved