キャットフード猫の病気猫の習性

猫の飼い方〜しつけと育て方〜

猫画像 猫画像

猫の飼い方 > 子猫の飼い方 > 

 赤ちゃん猫の保育

 猫の飼い方−目次−

 猫を飼う前の準備  猫はどこで飼う?  揃えておきたい用具  あると嬉しい用具  心の準備と費用  猫が飼えなくなるケース
 子猫の飼い方  母猫と引き離す時  赤ちゃん猫の保育  離乳食と子猫の餌  トイレのしつけ  動物病院で初検診
 避妊と去勢  避妊と去勢の必要性  手術の時期と費用  避妊と去勢後の変化
 トイレと排泄  トイレの作り方  トイレの清掃と管理  トイレのしつけ  そそうの原因と対策
 猫の病気  猫の白血病  猫の糖尿病  猫のエイズ  猫の腎不全  その他の病気  猫の健康チェック
 猫の餌  どのぐらい餌をやるの?  どんな餌をやるの?  他の食べ物は?  特殊な猫の餌  その他の注意点
 リンク  猫の情報サイト  ペットの情報サイト  動物病院、ペットショップ  厳選!情報サイト  本 書籍

解説 赤ちゃん猫の保育

猫の成長は人間より数段早く、赤ちゃん猫と呼べる時期は生後3〜4週目までの短い期間です。この項目では、この時期に何らかの理由で、母猫がいない場合の人工保育方法を解説します。母猫が健在の場合は、無理に引き離さず母猫に保育を任せたほうが賢明です。
(※母猫と引き離す時期参照)

環境と室温(ベット作り)
猫は寒さに弱い生き物です。赤ちゃんの時期に風邪をひくと非常に危険ですので、暖かい部屋で常に暖をとれるようにしておきましょう。

赤ちゃん猫が、入れる大きさの箱やカゴを用意し、底の部分に柔らかいクッションと毛布代わりのタオルケットを敷きます。そこに猫を寝かせて上からも軽いタオルケットをかけてあげます。中にはカイロを入れて、赤ちゃん猫が寒くないようにしてあげます。これでベットは完成です。後はカイロが冷めたら交換してあげてください。

ミルクのあげ方
母猫の母乳の代わりに、猫用のミルクで哺乳を行います。必ず猫用のミルクを与えてください。牛乳を与えると(ほぼ)お腹を壊してしまいます。哺乳瓶も猫専用のものが市販されています。回数と量は、猫用ミルクの注意書きに従ってください。

哺乳瓶に、ミルクを入れて少しずつ飲ませてあげてください。なかなか素直に飲んでくれない子も多く、根気の要る作業です。自分で飲まない子猫は、少し強引に口の中に乳首を入れて少しずつミルクを出してあげてください。それでも上手く飲めず、何日も飲めない状態が続く場合は、動物病院に相談し、スポイト等で飲ませる方法を試してください。 哺乳を行う期間は生後3〜4週目までが目安です。

おしっことうんち
生後3〜4週目まで、目も見えておらず歩くことも出来ない時期の子猫は、自分で排泄することが出来ません。ティッシュやガーゼ等を肛門にあてて、軽く刺激を与えてあげると排泄します。




子猫の育て方 母猫と引き離す時 ・・・母猫と引き離すタイミングと、注意点

子猫の育て方 赤ちゃん猫の保育 ・・・母猫がいない場合の赤ちゃん猫の保育

子猫の育て方 離乳食と子猫の餌 ・・・離乳期から製猫になるまでの猫の餌

子猫の育て方 トイレのしつけ ・・・トイレの設置としつけの方法

子猫の育て方 動物病院で初検診 ・・・動物病院へ連れて行く時期と知識


赤ちゃん猫の保育 このページのTOP

猫の飼い方 その他の病気

猫の飼い方 ホーム

スポンサーリンク


猫の飼い方トップサイトについて運営者情報商品の販売提供についてリンクについて

© best-link. All Rights Reserved